トップ

医師の技術力を上げる為の学会

医師が参加する学会は

医師学会の開催と参加での注意

今の時代、多くの医師が国内におられ、日々さまざまな研究がなされています。学会では、研究された内容を用い、学会発表という形式で報告されています。多くの施設では、日常業務として患者の治療にあたっている中で知識や技量をより高度なものにするために努力されているのです。今の時代、寝たきりの患者は増えている傾向にあります。日本在宅医学会では、在宅での医療を評価することを前提に発足されていて、寝たきり状態の患者に対して少しでも生活の質を向上できるように目指しています。また、医師には認定の専門医という資格があり今、注目を集めています。さまざまな分野や診療科において、より高度な知識や技量、経験をあげようとする試みがあります。正式な場となりますので発表者として参加される方は、ネクタイやスーツなど正装で出席されることをおすすめします。発表されないが、視聴者としての参加もできます。その際は、正装でなくてもよいとされています。これからの医学の発展のために、すすんで研究内容を発表されることは大切なことです。

医者たちの学会とは何か

よく外来の診察室の前に張り出されることが多いのが医師の学会への出席による休診であり、大きな総合病院でも小さなクリニックでも定期的に開催されることが多いものとして知られています。では、医者が参加している学会とはどのようなものなのかというと実は一般にはあまりよく知られていないというのが実際です。医師たちが参加している学会とはそれぞれの診療科目の勉強会のようなものであり、患者の症例を紹介したり症例に基づいた研究結果の発表・議論などが中心となっています。多くの場合がそれぞれの地域での開催となっているのですが全国規模で開催される事もあり、それによって医者たちもそれぞれの症例に関して意見交換をすることができたり新しい技術に関しての討論をすることができるのです。これによって地域や日本全体の医学の発展に貢献することができるため、医者にとっても重要なイベントといえます。そのため参加する人が多く、場合によっては診療終了後に開催される事もあるようです。

↑PAGE TOP