トップ / 被災地で頑張る医師たち

被災地で頑張る医師たち

被災地の医師の課題

被災地における医師不足について

近年、地震や豪雨による土砂災害などによる被災する地域は増えてきています。その被災地で医師が不足するという事態が深刻化しています。その事態を少しでも改善するため円滑に医療行為が行われるよう医療チームの発足もなされましたが、被災前からの医療従事者不足もありなかなか十分な医療は行われていないのが現状です。また災害時だけでなく災害後も各医療機関が正常に機能し、患者が安心して医療を受けられる環境が求められています。

被災地における医師の活躍

医療には、それに携わる人が必要です。普段の診察や外科手術、あるいは緊急医療において、それぞれに合わせた技能を持った、医師が求められるのです。しかし、不意に、あらゆる医療関係者が、大量に集められなければならない事態が起きます。それは、大規模な自然災害です。そのような緊急事態においては、各地から被災地へと人材が派遣されます。そこでは、経験に裏打ちされた高い技能が、いかんなく発揮され、大勢の人命を救っているのです。

↑PAGE TOP