トップ / 小児科の医師が減っている

小児科の医師が減っている

小児科医師の現状

小児科医師の数が不足している

今の日本では小児科の医師の数が不足していると、一部報道などで盛んに喧伝されています。内科や外科、歯科などを担当する医師の数は昔から今でもかなり多いのに、この科に就く医師はなぜこれほど少ないのでしょうか。それはやはりこの仕事が他の科に比べて保険診療点数が低く儲からない上に医療訴訟のリスクが非常に大きいので、医師側から敬遠されているという現状があります。しかし子供の病気を一刻も早く治すためにも、小児科の医師の深刻な不足を今すぐに解消する必要があるのは間違いありません。

小児科医は不足しています

小児科医は不足しています。診察の範囲は生まれてすぐから中学校卒業程度の年齢までのあらゆる病気に対応しています。外傷以外のことであればなんでも診察します。それだけあらゆる病気に精通している必要があります。医師免許には何科という規定がないため医師はどのような診察科目を選択するかは自由です。そのため、今日幅広い知識と経験が必要な小児科医が不足しています。しかし、将来を担う子供の病気を治せるというやりがいがあります。

↑PAGE TOP