トップ / 医師会の業務内容を知る

医師会の業務内容を知る

医師会の業務内容とは

各地にある医師会の業務内容

医師会の業務内容は、その地域にある独立開業医で診療所を立ち上げている医師の立場に立って、行動及び支援をしていくこととなります。したがって、病院に勤務する医師などの立場で行動する訳ではありません。医師会の中でも特に多い業務内容としては、政治や行政に対して医師特に診療所などの開業医のためにフォローをすることが多くなります。診療報酬の改定などでも必ず一家言を持っているとされ、マイナス改定の場合は政治に対して強く働きかけを行う事でも知られます。決して患者のために行動をする団体ではありません。

医師会が行う主な業務内容について

医師会の業務内容としては、例としては学校や職場などで検診があった場合に会員に当番を割り振ったり保険制度などが変わったときに会員となっている医師へ変更内容などを通知及び指導などを行ったりします。また、勉強会や研修会なども定期的に行い会員同士の交流や親睦なども図ることも事業内容の一つといえます。医師会の業務内容は他にも多岐に及んでいますが主に医師同士の連携を強める役割を持っており、また医学界全体のサポート役を担っている団体といえます。また、直営の検査センターも存在します。

↑PAGE TOP