トップ / 医師の不足が深刻化に

医師の不足が深刻化に

医師不足の現状は

医師の不足は過去の問題ではない

日本は慢性的な医師の不足が常に指摘されています。数字だけ見ると総数は増加しているはずなのに、何故足りていないのか。実は、一旦免許を取得すると直接病院などで医療行為をしていなくとも総数にカウントされてしまうので、現役を退いていたり、技官として働いていたとしても、免許を返上もしくは剥奪されていない限りは医師として数えられてしまうためです。また、その多くは大都市圏に集中しているため、地方では慢性的に不足しているのが現状です。加えて医局のしばりがなくなり、産科や小児科のように訴訟などのリスクの高い科や勤務時間などで特定の科が避けられる傾向もあります。こうした現状に逆行するように行われていた医学部定員の削減がようやく撤廃されて増員に転じても、研修先を自由に選べるようになった制度の影響などで大都市への集中は加速し、地方ではさらに厳しい状態に追いやられています。医師の不足は過去の問題ではなく、現在も解決されていない課題なのです。

医者不足の現状と対処法

医療に従事するスタッフは全般的に不足が叫ばれていますが、特に地方ではその傾向が深刻であると言えます。医療の中核を担うことになる医師であっても足りないという状況が慢性的に続いており、医療の現場が疲弊する原因となってしまっています。そのためこの状況を打開するために医療機関側は様々な行動を行わなければならなくなっていると言えるでしょう。医師の不足はそのまま医療の質の低下につながりますし、負担が増大したままの状態で放置してしまうことはさらに離職を促進させてしまうことにもつながりかねません。そのため近年では医療スタッフの紹介を専門の業者に仲介してもらうと言うケースが増えてきているのです。医療スタッフの仲介業者は医療機関側が求める人材と、一定の条件で働くことを希望している医師を含めた医療スタッフとの橋渡しを行うのが主な業務です。この様なマッチングによって少しでもスタッフの不足を解消して行くことが出来れば負担の解消にもつながって行くでしょう。

↑PAGE TOP