トップ / 医師の気になる収入について

医師の気になる収入について

医師の年収事情は

医師の年収は確かに高収入ですが

医師といえば高給取りの代名詞のような職業ですが、総合病院などに勤務する勤務医と開業医とでは大きく違うようです。厚生労働省の調査では勤務医で年収1200~1400万円程という試算が出ており、対して開業医の方では平均で2500万程という試算が出ています。この数字を見るとどちらも一般人とはケタが1つ違い、誰もが羨む高収入と言えますが、勤務医より開業医の方がより儲かるようです。しかし開業医の場合、予約の取れないような人気の美容外科クリニックと離島の診療所とでは大きく違いますし、離島でなくとも経営の得手不得手で相当違ってくるでしょう。科によっても収入の違いは出るようです。勤務医の方は安定しているかも知れませんが想像を絶する激務で、ほとんど休みの取れない仕事でもあるのです。あまりに苛酷な勤務状況が続くあまり体を壊したり、最悪過労死する場合もあるようです。誰もが憧れる高収入の職業ですが、なるには学生時代の大半を勉学に費やさなければなりませんし、お金もとてもかかります。医師になるには親が医者か同程度の収入がなければ難しいとも言われています。適正もありますし、年収のみを見て判断するのは早計かも知れません。

医者の年収に対する虚像と実像

医師の年収というと一般的に高収入と思われているのではないでしょうか。お金持ちやリッチといったイメージがあり、高級車や立派な家に住んでいるのが普通というイメージがあると思います。しかし、同じ医療に従事していても働き方しだいで収入事情や勤務事情は違ってきます。勤務医や病院長、開業医、大学病院勤務など、働き方によって医師の年収は大きく変わってきます。また、大学病院と民間の病院でも収入に差があります。実は、民間の病院の方が大学病院よりも多くの給料をもらっているといわれています。医師の平均的年収はおよそ1017万円程度だといわれており、やはり、高収入ではないかと思いますが、部長や院長といったクラスの人たちが、その平均値を押し上げています。こういった役職には40代になって、やっと手に入るものですので、医療業界でも長く辛抱して、大学病院や民間の病院などに勤続して役職を手に入れるか、一念発起して開業医として成功するしかありません。

↑PAGE TOP