トップ / 医師探しなら専門医を

医師探しなら専門医を

医師の専門分野の事

医師は専門医資格を有している

医師免許だけではなく、さらに専門性を高めるために関係する学会の認定を受けて活動をするケースが大変多くなっています。この制度のことを専門医として認定しているわけです。ただし、中にはこの資格を持たずに行動をするケースも見受けられますが、医師に成り立てなどの場合はそもそもまだ何の分野で活躍をするのか決まっていないケース、あるいは決まっているとしてもその要件を満たさずに専門医の認定が受けられていないケースなどもあり得るところです。したがって、医療機関で受診をする際には、その医療機関に所属する診察医が何の専門なのかは確認をしておいてもいいでしょう。ホームページなどでよく紹介をしているので参考にすることが望ましいです。なお、産業医などはこの資格を持っていないように見受けられるケースもあるとされますが、通常は何らかの専門分野を持っているものですから、不安な場合は尋ねてみるのもいいでしょう。内科などで有している場合が多いです。

医者と専門医について

医師には、いろいろな科があり、いろいろな、例えば内科や外科、整形外科などのいろいろな分野で活躍されているお医者さんがたくさんいます。その一方で、専門医の資格などがある場合があり、例えば皮膚科の先生で皮膚科の専門医の資格もお持ちの先生もいます。専門医になると、よりその分野において専門的な知識があるため、より、高度な医療を提供することが出来る他、一見すると何の病気か分からない、他の医師では見抜けなかった病気が、上記のような先生だと、すぐにこれは何の病気であり、疾患である、と見抜けることがあります。これは、それだけその分野に精通しているということであり、とても助かっている患者さんが多いことが有名です。また、このような資格を持っていることで、上記のように、すぐに診断を行ってくれ、薬などの処方などや治療を適切に行ってくれるおかげで、患者さんがずっと絶えない病院もあり、とても人気となっています。

↑PAGE TOP